短時間攻略のコツその2

まぁ、愚痴になっちゃうんだろうけど、
各沸きの段階でPMネクロなら何をやるべきかとか、ここいらあたりに書いているものをマスターしないと短時間攻略のスタート地点には立てないのよね、とか思います。

うちのギルメンみててもアクト3ヶ月間濁だけども、モンス一匹引っ張れない子や
EVだして会場走り回ってるだけじゃ、ろうそくは進まないのよねー・・・と
再三再四注意していますが、できない子はなぜかできない模様です。
そういう子はもう一度、open PDのまくろを組めてるか、
戦闘非戦闘をうまく切り替えれてるか、などをチェックしましょう。
まぁあとはモンスとの距離感かな。
ぶっちゃけ、ゲームなんで才能っていうのはあまり関係ない。
対人はある一定領域以上はありますが☆

ただスキル自体の前提をクリアした上でのPスキルということでは、
1)モンスの沸き場所を把握する。
 モンスが沸く場所&たまる場所というのは決まっています。
 その場所をくまなく覚えること。

2)ほかのメンバーとの息を合わせる。
 UOAM必須ですが、ほかのメンバーが時計回りに回ってるなら、
 自分は反時計回りにする、
 @3以降は2人1セットになるように、沸きが効率よく進むための殲滅方法
 ということでチーム戦になります。
 べつに全員が一定の方向に動いてもいいのかもしれないけど
 回り方次第でさっさと殲滅しやすいのは確か。
 そういう意味でチームワークが必須。

3)死んだ場合、蘇生場所を考える。
 沸き進行をなるべく阻まない、かつPMうっときゃしのげるような場所で待つ。
 まぁ3)は基本的にはあってはならないんですが☆
[PR]
# by whitepaper001 | 2006-08-27 16:58 | 4.基本攻略方法

[各論]モンス集め

最近よく檄を飛ばしてるのでうちのギルメンはうんざり・・・・・・な感じもしないでもないですが☆

モンス一匹に魔法を打たない。
古い沸きのモンスをやっつけない。
ずっと魔法を打ってれば沸きが進むわけではありません。
ということだったり。

沸きを無駄なく進めるということは、
モンスを集めると魔法を打つの時間配分のような気がします。
会場中くまなく動いて、魔法を撃たずモンスを集めても、沸きは効率的に進まないし
魔法をずっと打ってても進まない。
この2つをバランスよく配分していくことだとおもいます。

ただ、モンスを集める技術というのはあんまり攻略サイトに書いてないようなので
私がやってる方法は以下のとおり。

1)基本は「Open PD」(UOマクロ)を押し捲ります。
 この作業を行うことで、ラグが起こります。
 ラグが起こるとモンスのタゲが来ます。

2)この際、モンスの攻撃力と自分の装備(ダメの程度)で、
 戦闘・非戦闘モードを使い分けます。
 (戦闘モードのほうがモンスがよってきやすい)
 
ねずみ、へび、くもの@1@2は戦闘モードのままで
それ以外はダメの程度でTABキーでこまめに切り替えています。

たまにペットの乗り降りや、テレポで集めてる人を会場で見かけますが
ペットがモンスに突っ込んでったり、マナが足りなくなりますので、やめたほうがいいと思います。
[PR]
# by whitepaper001 | 2006-08-20 11:09 | 4.基本攻略方法

[各論]毒スキル

チャンピオン討伐(仮)のdeathさんが最盛期のときに、PS生産者の8割が入れてたんじゃないかな?時間的に言うと2005年頭あたり?

私も、最初のスキルは毒師でした。
今でも相当好きなスキルなんですが、一人PSする機会が減ったことと、
襲撃を受けた場合のレブ召還、ウィザーの成功率とダメの威力を天秤にかけた結果、抜いてしまいました。

威力としては蛇沸き@3でも、35前後ダメージを与え続けますし、
ねずみの2段階だとこんな感じ☆
赤に対しても防衛補助として強力です。
人数が多いギルドの場合、そういうスキルが一人二人あってもいいかもしれませんし、
一人PSやりたい場合は今でもお勧めのスキルではあります。

■毒師の基礎知識
 魔法と毒で200になるようにしないと意味がない。
 またメイジのみのスキル構成で入れるのは無意味に近い。
 マナ吸収できる霊話ありのネクロがその真価を発揮できるスキル。

■使い方
 その1
 基本としては、モンスを引っ張りながらFを巻く。
   毒           毒
   毒           毒 
   毒           毒
   毒           毒
   毒           毒  
 という感じで、フィールドを2枚引きます。
 フィールドとフィールドの間隔は1画面に、3枚くらい入るかはいらないか程度が
 個人的にはいい感じです。
 この間にモンスにFを踏ましながらつれてきます。
 歩き方としては、毒なしがたとえば時計回りという感じで
 ほぼ一方通行で歩いてるのに比べると、時計回りに少し歩いては逆に戻って
 また時計回りになるという感じでしょうか。
 フィールドの間を往復して真ん中になるべく多く持っていく感じ。

 モンスに毒を踏ませたらFの壁の間にPMを打って封じ込めます。

 その2
 地形をうまく利用する。
 基本の使用方法はその1通りなんですが、たとえば11番の上のほうの地形
 こういうモンスが重なって動く地形にモンスを
 封じ込めてやっぱりPMを最後に打っておくといいです。
 広い場所はFを多めに。

 PM打つ理屈は、別にそのまま引きずっててもいいんですがラグい(と重い感じする)し、
 勝手に死んでくれるものを動かす必要ないかなーと。
 これはお好みで毒入れてウィザー一発もしくはEV1体入れて
 そのまま新しいモンスに同じ作業しに行ってもいいです。

 引きずってつれまわす場合は自分の進行方向のちょい前にフィールド張ること。
 どの方法も個人的には使ってる方法ですが、
 私が一緒にやる相手の場合はPM打つ方法のが効率いい感じがするのでそうしてるだけ。
 一人PSの場合は引きずり回してたまにEV置いてって感じでしたね。
[PR]
# by whitepaper001 | 2006-08-19 10:24 | 4.基本攻略方法

PS会場への行き方

■T2A
T2A沸き番号はパラリ掲載されているもの。
T2A全体マップ

フェルッカのルールとしてダンジョン内の直リコールは不可能なので
T2A全体がひとつのダンジョンとしてカウントされています。
そこに入るための出入り口が数箇所あるのでそれを使用してT2Aにははいることになります。

大前提ですが、デルシア、パプアは人通りが激しく、ここから会場へ行くのは大変危険。それ以外の場所から行くようにしましょう。
覚えにくければルーン焼いたときに沸き番号書くようにしておけばいいです。

・1番 アイスもしくはミノック鉱山口(ガード圏)から。
・2番、10番、11番 ヴェスパー墓場から
・12番 アイランド(ガード圏)から
・9番 ミノック鉱山(ガード圏)から
・3番、4番、6番 Yew灯台(ガード圏)から
・5番、7番、8番 マーブル(ガード圏)から

■ダンジョン
ダンジョン同士をつなぐテレポーターをうまく利用して移動すると良い。

・デスパイス サーペンツホールドのラヴァ入り口から、左テレポーターを利用して入る。
 ただし、ここは連日祭り会場なので、発見は確実にされます。
・ダスタード 直リコ。ただし出入り口から離れた場所にリコすること。
 ex.ダンジョン左の小洞窟もしくは、出入り口から南に1画面以上はなれた林の中。
・デシート 直リコ。ただし出入り口から離れた場所にリコすること。
・ラヴァ T2Aの4番横の出入り口からか、デシートの右のテレポーターを使用する。
 大勢でいく場合はデシがお勧め。
・蜘蛛城 ダスタか、デスパのテレポーターを使用する。
 T2Aからいってもいいけど、時間かかるし、PMあっても結構死ねるので、お勧めしません。

※ダンジョン内の移動の場合、なるべくモンスを殺したりせずに移動しましょう。
[PR]
# by whitepaper001 | 2006-07-31 13:10 | 5.地形紹介

BOSSの拉致場所

BOSSには誘導できるものと誘導できないものがあります。
ねずみ、幽霊、天使BOSSはあまり場所を動かなかったりするのでその場で仕上げるしかありません。

逆に蛇、悪魔、蜘蛛はターゲットPCについていく傾向がありますので、雑魚のモンスの邪魔の入りにくい場所、便乗がなかなかやってこれない場所まで誘導するのが意外に早く終了するコツだったりします。

T2Aだと意外に広い窪地がたくさんありますので、自分なりの拉致場所を探すといいですね。
世の中に広まっている場所はチャンピオン討伐(仮)に掲載されているところです。
便乗がこなさげなら近場。
きそうな雰囲気であれば、少し遠くまで誘導するといいと思います。
また悪魔BOSSなどHPが低いものは近場でも早い目に仕上がりますので、全員で悪魔特攻で仕上げてもいいと思います。
[PR]
# by whitepaper001 | 2006-07-30 09:18 | 5.地形紹介