ルールを決める。

テーマが決まれば、ルールを決めます。

1)手に入れたPSの分配方法
 さいころ、参加者による等分など。
 すべてのPSが売れるわけではないので、高級PSのみとか。
 売り手の手数料をどうするとか、そういうのを決めておきます。
 でないと、毎回おんなじ人が苦労して売るという感じで、不満が出る場合があります。
 
 売買が嫌いなら嫌いでいいのですが、他に自分が何ができるのか?
 何でこの不公平感を埋めるのか?ということを一人ひとりが考えましょう。

2)便乗・のっとりが来たときにどうするか?
 同数ならやる、やらない。
 指揮はその瞬間から誰が行うのか?など事前に決めましょう。
 また、どのキャラを攻撃するか、指針をきめるなど、相談する時間がもったいないです。
 どうする?と言ってる間に準備をして、指針に従うようにしましょう。
 キャストなど準備を整えて指針の動きから目を離さないようにすれば
 なんとなくSKの感覚がそのうちつかめてくるはず。

 指針は何か合図のような単語を決めておくと最初はいいかもしれません。
 
3)メインのアクト時間などを決める。
 何曜日の何時から模擬タイムとか。
 なるべく、ギルドメンバーがいる時間帯を週にいくつか決めておくと
 来やすい雰囲気が作れるし、結束も高まります。
 練習じゃなくても月1回とか、ギルド会議を行うのもひとつの手ですね。

4)決まりごとを決める形態を整える。
 ギルドの運営上出てくる問題や決め事、変更点などを決める形態を決めましょう。
 仮入隊者の正規メンバーにするためには。
 仮入隊と正規の違いは?
 アクトがないもののバンをどうするか・・・などなど。
 正規メンバーの3週間の間であった人間の過半数の賛成が必要とか。

5)その他の強制的なルールをどこまで決めるか
 某鯖(複数鯖で遊んでるのでどことはいえない)でP39まで全員弓キャラを持つ
 (スキル構成完全指定)というPSギルドを知ってます。
 赤の友達が相当寒いって言ってたのが印象的☆
 まぁそこまで激しいのはなかなかお目にかかれないのですが、
 ただどういうギルドを目指すかによって、スキル構成や装備などを強制するかどうか
 なども決めておいたほうがよいと思います。

こういうどうでもいい細かいことまで書いたのは
要は揉め事を運営側はなるべく作り出さない体制つくりです。
揉め事を作り出さない=思ったことをいわない。or思ったことをいうためにはきつい言葉を使用してもいい。・・・ということではありません(当たり前)。

ゲームもリアルもそうですが上手く伝えるということが重要です。
コミュニケーションの姿勢ということを考えて、お付き合いしていきましょう。
[PR]
by whitepaper001 | 2006-04-29 15:50 | 8.ギルド運営
<< 楽しくするために必要なこと。 ギルドメンバーを育成する >>