練習しましょう

基本的には慣れが一番重要です。
相手の詠唱を見る、SKを練習するなど短時間でもいいですから連携練習と思って頻繁にやるようにしましょう。

練習方法です。
1)タゲ取り練習・・・走りながら相手にヒールもしくはFBを飛ばします。
 このとき、ラスタゲはもちろん使用不可です。
 FBの方が当たったことがわかりやすいですが、死んじゃう場合もありますねぇ(笑)
 
 練習場所は最初は街中、その後、森の中など走りにくい場所とかに移すといいですね。

2)デュエル・・・1対1でひたすら詠唱をつぶす練習とおもえばいいです。
 対人は後出し可能なじゃんけんです。
 詠唱をつぶせるタイミングを覚えましょう。
 またなるべく大きな魔法は出さないこと。詠唱でつぶされやすいです。

3)模擬・・・実践ですね。
 ただ、SKのための練習ですのでレブを出したりはしないほうがいいですね。
 人数がそろうならギルド分けをしてFで模擬をしていくといいでしょう。
 これだとフィールドも使用できます。

基本的になんでこんなことするかわかって練習すること!
勝つことが練習のテーマではありません。
模擬なら連携(Fでやるんだったらフィールドのまき方、使い方練習)、
デュエルは詠唱つぶしっていうか詠唱見る練習と如何に長時間ねばるということです。
[PR]
by whitepaper001 | 2006-05-29 18:22 | 7.襲撃対策
<< それぞれの役割を決める フラグを意識する >>